個人英語教室と大手英会話教室の違い

おすすめプレゼント

個人英語教室と大手英会話教室の違い

最近、英語を教えているところはたくさんありますよね。
もちろん、だれもが知っている大手の英会話教室から、個人で教えている教室
留学して帰ってきて教室を開いている方や、日本人と結婚して日本に住んでいるその旦那様が自宅でなんていう教室もあると思います。

 

都会では選べる英会話教室もたくさん。大手英語教室から個人まで様々です。
でも、地方では限られてきます。

 

大手英会話教室では、オリジナル教材があり外国人講師がいて、
指導マニュアルがありサポート体制が整っていて・・・
とまぁ安心できる材料が多く選ぶのにてっとり早い感がありませんか?
お月謝もそれなりですが。

 

また、地方でも展開ができる大手のくもんさんやECCさんの英語教室は、
自宅かた子どもが徒歩で通うことができて親にとっては送り迎えがなく楽ですよね。
ただ地方ということで外国人の派遣は難しいようですね。

 

そして個人で経営なさっている帰国子女の方や留学経験がある方がやっている教室。
外国人が教えている教室。

 

これに関してはその先生独自のマニュアルで行っているわけですよね。
また個人レッスンやグループレッスン、クラスの人数もちがいます。

 

レッスンには、聞く・話す・読む・書く という大きく4つにわかれます。
その中のどれにどのくらいの時間でレッスンを割り振りしているのか?
これも大事だと思います。

 

全部ないとダメということではないですよ。4つなくてもいいと思います。
年齢によっては4つともあったほうがいいこともあります。
外国語を学ぶ時にはどれも大切なことだと思います。

 

学問的にどうだというのではなく、目的や子どもの性格、時期によって考えてみてもいいのではないでしょうか?

 

次のページ:子供英語教室は楽しんで学べることがベスト!

スポンサードリンク