子供の英語教室、講師の選び方

子供の英語教室、講師の選び方〜楽しく教えられる先生

日本人英語講師M先生。この方は大学をアメリカで卒業され、英語はかなりきれいでした。
感じのよいステキな方でしたね。
この先生は一般の方や高校生、大学生を主に教えていた先生です。

 

この先生、どれくらい英語がきれいか?

 

オーストラリアへ旅行していたM先生、現地のオーストラリア人に話しかけると、
Are you an American or Japanese?
と聞かれるほど。
顔は日本人ですよ。でもそうやって聞かれるほどきれいな英語でしたね。

 

彼は音楽が好きで好きな外国人アーティストがインタビューに答えているのを見て、
何をしゃべってるのか分かりたい。あんなふうにかっこよくしゃべりたい
そんな単純なきっかけで英語をはじめ、とにかくその人の真似をすることでイントネーションや話方を身につけていったようです。

 

英語を磨くことには努力をいまだに惜しまず、日々努力されていました。
家のテレビのニュースはCNNだったり、毎日英語でドラマや映画を見て、英語環境の中に自分をおく時間を常にもっていましたね。

 

とてもステキな英語を話すM先生のところにも、5歳の子どもを教える日がやってきました。
子どもに教えることを楽しんでというようにはいかなかったようですね。
もちろん仕事ですから笑ってますが心はどうだったでしょう?

 

子どもを教えるのは苦手・・・・。

 

そう思って教えてくれているネイティブスピーカーなみのステキなM先生。
英語の発音は日本人英語だけれど、子どもに英語を教えるのが楽しい!!ととても熱心な日本人講師・・・・。
どちらを選びますか?

 

難しいですよね・・・・・。

 

次のページ:子供の英語教室、講師の選び方〜海外留学経験者や帰国子女の先生

page top