子供の英語教室、講師の選び方〜キャリアの長さと英会話力

子供の英語教室、講師の選び方〜キャリアの長さと英会話力

この先生も海外への留学経験がなく帰国子女でもなく、旦那様も日本人。
さきほど紹介したK先生と同じ、キャリアは長く英語講師しかしたことがない
50歳をすぎた先生です。

 

この先生も若く見えますね!!
とても楽観的で明るい、面倒見のよいG先生。
ですが・・・・・。
彼女はキャリアが長いことで努力をしませんでしたね。

 

こういう時はこう。今まで何人も生徒を見てきたから。
その自信や経験がレッスンにはよくない結果をもたらしたのでは?と思います。

 

彼女のパートナーの外国人の講師は「彼女は英語が分かっているのか?」とよく私に聞いてきます。
どうして?と聞くと頼んだことができてないと言います。

 

「彼女が言っている英語が分からない」というパートナーまで。
とりあえず笑っとくらしいです。
なんと悲しい・・・・。実はこんな先生もいるんですね。残念です。

 

彼女の楽観的な明るい性格が「まぁいいか」と終わらせてしまう。
英語でするはずのレッスンを日本語でする。レッスンの準備に手を抜く。
本人は手を抜いているつもりはまったくありません。

 

たまたまその先生がレッスンをお休みした日
代講で行った先生が自分の教室でいつもやっているように
「take out your notebook」と指示を出したところ、みんなポカン・・・・。

 

与えられているマニュアルの指示語さえ普段やってなかったのでしょうか?
そういう先生のクラスの生徒はどんどん減っていきます。

 

やっぱりいつもパワフルにとはいきませんが最低限の努力はしてもらいたいですよね。
残念ですよね。

 

次のページ:1ヶ月間の英語教室通い - 幼児英語教室でのエピソード

page top