幼児の英語学習方法

英語の歌を覚えよう

女の子は特に歌が好きですね。
男の子は、あんまり?好きではなかったかな?

 

英語での歌はただ歌うだけでなく、振り付け?とは言いませんが、体を動かしながら歌います。
なかなか1歳や2歳の子どもはその場にずっと座ってられませんよね。

 

いすに座ってレッスンしたり、床に座ってレッスンしたり、
その間に立って歌をうたったり、音楽に合わせながら、ABCをポイントしたり。
子どもは歌が好きです。体を動かすことが好きです。

 

しょっちゅう新しい英語の歌を取り上げるのではなく、毎回同じ歌を歌います。
そして、新しい歌も歌います。

 

知ってる英語の歌がかかると子どもははりきって歌い体を動かし始めるんですね。
知らない歌がかかると、「これは新しい歌だ」という事もすぐに理解して、
一生懸命、先生達の真似をします。

 

次のレッスンでその歌がかかると前回のレッスンとはちがう反応をしてくれます。
子ども達の中に自分の好きな歌とそうでもない歌ができてきます。

 

好きな歌は家でもしゅっちゅう英語で口ずさんでるそうですよ。
そういう意味では、歌もレッスンとして活きてくるのではないかな?と思うんですね。

 

きらきら星などの歌は、歌詞自体には英語の意味がなく、
歌の歌詞というのは英語の文法も正しくないことがありますよね。

 

日本語の童謡も同じです。だから、あまり意味がないという先生方もいらっしゃいます。
だからちゃんとした歌を選ぶべきだというんですね。そうかもしれません。

 

でも私は家で2歳の子どもが英語できらきら星などの歌を口ずさみながら、
遊んでいる姿はとてもかわいらしくていいんではないかと思いますが・・・。

 

英語でできることがある
それはそれでいいのではないかなと思います。

 

次のページ:幼児英語教室のクラス編成について

page top